陥入爪・巻き爪★自分でワイヤーで矯正してみた

陥入爪や巻き爪って痛いんですよね。分かる人にはすごーく分かると思います。

そんな痛みもワイヤーを使って自分で矯正すればカンタンに逃れることが出来ます。
ちょっとの手間で痛みから解放されましょう!

材用は?

巻き爪ワイヤー矯正
まずは材料を調達

ニッパー(ダイソー)
精密ドリル(ダイソー)
ワイヤー(ネットで購入)

私のワイヤーの太さは0.4㎜ですが爪の薄い方や親指以外なら0.3や0.2でもいいかもしれません。

全部合わせても1,500円ぐらいです。

ワイヤーは形状記憶合金のものです。
こちらは竿中とおる君
釣り道具ですが爪の矯正に皆さん使われています(笑)
レビューを見ると分かります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

**竿中とおる君 太 竿 用1.5m 0.4φ(ケースなし)
価格:1050円(税込、送料別) (2019/8/1時点)

ワイヤーの付け方

お風呂上がりの爪が柔らかい時に行うのがベストです。
爪の両端に精密ドリルで穴を開けます。
端のギリギリのところに穴を開けると爪の薄い人だとワイヤーを通したら爪が割れる可能性もあるのでご注意下さい。

その穴にワイヤーを通せば完成
陥入爪ワイヤー矯正セルフ

ワイヤーが他の指に当たったり靴下、洋服、布団などに引っ掛ける事があるのでワイヤーの端は抜けない程度に短めにカットして下さい。

陥入爪巻き爪セルフワイヤー矯正

陥入爪巻き爪を自分で治す
どうでしょう。爪のカーブが少し、緩くなったと思いませんか。
ワイヤーが形状記憶なので、その力で爪がまっすぐになります。

ワイヤーを付けて数日後には、もっと爪が平らに近くなりました。
(スイマセン・・・。写真がありません)

ワイヤーの保護

ワイヤーをつけっぱなしにする場合は外れないように保護をすると安心です。

サージカルテープor絆創膏

手短な方法は薬箱に入っているサージカルテープや絆創膏です。
100均でも売っているのでお安く済みますが毎日交換しないと不衛生です。

ジェルネイル

表面をジェルネイルで固めてしまえばその後は何もせず放置可能です。

マニキュアでも可能ですが厚めに塗ると乾くまで時間がかかります。
*ジェルネイルを取りたい場合・・・表面をやすりで削って除光液(アセトン入り)を付けたコットンを当ててアルミで覆い10分程すれば取れます。

ワイヤーを外す

個人差がありますが爪の様子を見て外します。
軽症なら家にいる間だけ付けておくだけでもOKです。すでに穴が開いているのでワイヤーを通すだけです。その場合はワイヤーが短めだと通しにくいので少し長めにカットして下さい。

そんな短時間じゃ治りそうにない場合はつけっぱなしで数週間、様子を見ましょう。

最終的には痛みがなくなる程度まで戻ればゴールです。

他の方法

ワイヤーはちょっと面倒・・・という方には手軽に使える商品も沢山、販売されています。
それだけ多くの人が陥入爪、巻き爪で悩んでいるんですね。



まとめ

軽症の私でも爪が皮膚に食い込んでいる部分が歩く度にズキズキしていたので重症の方は歩くのがかなりツライかと思います。

そのまま我慢していても改善しないので痛みに耐えている方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

ワイヤーをつけっぱなしにする方法は夏には向きません。
サンダルを履かない冬におススメします。

痛みが消えて治っても陥入爪、深爪になった原因になることを排除しなければまた、元に戻ってしまいますので原因を考える事も重要です。

陥入爪や巻き爪のワイヤーを使った治し方を紹介しましたがあくまでも対処療法。 原因から対処すれば対処療法もいらない!って事で私の原因を考えてみたら歩き方に原因がありました。 正しい歩き方で陥入爪や巻き爪を予防しましょう。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)